アップル薬局は、薬を通して患者さまの不安と苦痛を和らげ、健康と安心をサポートいたします。また、地域社会への貢献など、笑顔で親身な対応をする患者さま中心の薬局を目指しております。

最新調剤機器の導入により、 完全で正確な調剤を実現します。

水剤分注機

電子薬歴

軟膏混合器

自動錠剤包装機

レセコンと連動した散剤分包機

散薬監査システム

ピッキングシステム

アップル薬局では、各患者さまにあった調剤の工夫を心掛けています。

[Q] 薬の種類が多くて飲み忘れる [A] 服用時点をまとめて一包化します。

[Q] 保育園に薬を持っていくため、薬に名前を記入して欲しい [A] 患者さま名と医薬品名を印字して分包します。


生活状況を含め、色々お話ししながら患者さまやご家族のより良い生活を応援するのが、アップル薬局の在宅医療サービスです。医師の依頼により、ご自宅で療養中の患者さまにお薬をお届けします。
患者さま宅では、お薬を正しく服用して頂くため、各患者さまに合わせた服薬の説明・相談・管理をお手伝いいたします。

在宅訪問管理薬剤指導では、調剤薬をお届けする他、衛生用品を販売することもあります。相談しやすい環境を作るため、薬剤に関することだけでなく、生活にかかわるお話も積極的に伺うように心掛けています。
薬剤に関して、味・大きさ・飲み方など患者さまに合わせて工夫をしています。実際の患者さまの身体状況・生活状況を確認しつつ、きちんと服用して頂くために、少しでも服用しやすくなるように、患者さま、訪問医師、訪問看護師、ケアマネージャー、ヘルパーの皆さんと相談しながら一緒に考えるようにしています。
高齢者の方々を地域で支えていく、その一端を薬剤師として担っていく必要性を感じつつ、まだまだ手探りの状況ですが、訪問時に一つでも患者さまのお役に立ちたいという気持ちで訪問させて頂いております。


CBTやOSCEを合格していらした学生さんたちは、調剤薬局での実習に何を期待されてくるのか,いつも心配な気持ちで受け入れさせて頂いています。
学生実習で、私が伝えたいことが1つだけあります。それは、患者様により深くかかわって欲しいという思いです。
色々な背景の中から、薬のことばかりでなく患者様の事を理解しようとする心を身につけて欲しいと思うからです。
薬剤師は残念ながら、まだまだ社会的に理解されていないという現実があります。実習生の皆さんには、ぜひ社会的認知度をあげて欲しいのです。
相手を敬う心、そこからがスタートです。そして、ステキな薬剤師になって欲しいと、心から願っています。


H.Oさん

薬局という本物の患者さんと接することのできる場で、私は多くのことを学びました。 受付、調剤、鑑査、投薬という一連の動きを体験できたことは、貴重な経験になりました。 薬局の雰囲気も明るく、皆さんに優しく接していただき楽しく実習ができたことに感謝しています。ここで学んだことを行かして私は社会へと旅立っていきたいと思います。 ありがとうございました。

R.Yさん

今回の実習で得られたものは、どれも貴重なものでしたが、特に“患者とのコミュニケーション”というものはこの実習でしかできない体験だったと思います。お薬を届けに行ったり、カウンター越しに体調を尋ねたり…患者が何を思い、どういう風に感じているか、といった部分をしっかり考えることで、“地域に貢献する薬剤師”というものに私も近づけたのではないかと思います。
このような素敵な実習をしていただいた薬剤師の方々、その他医療従事者の方々には感謝してもしきれません。本当にありがとうございました。


●勉強会 薬局内だけでなく、クリニックの先生、スタッフの皆さんとの合同での勉強会も行っています。

●学会発表 アップルケアネットでは学術大会での発表をおこなっております。
・ H24_第51回薬学会東北支部大会「薬局における医食同源の実践~薬剤師と管理栄養士の連携~」
・H25_第46回薬剤師会学術大会「チェーン薬局のおける薬歴記載方法の統一と算定要件の順守」
・H26_第47回薬剤師会学術大会「㈱アップルケアネットにおけるインシデント削減の実践」
・H26_第47回薬剤師会学術大会「漢方薬の服薬指導 薬剤師の基礎知識の向上を目指して」
・H26_第47回薬剤師会学術大会「食生活チェックシートを介した薬局内における栄養指導の実践」
・H27_第9回日本薬局学会学術総会「患者とのコミュニケーションにおける問題解消への取り組み」
・H27_第9回日本薬局学会学術総会「栄養士認知度向上のアピール方法と栄養相談件数推移」
・H28_第10回日本薬局学会学術総会「廃棄医薬品0を目指したアップル薬局取組」
・H28_第49回日本薬剤師会学術大会
   「食生活チェックシートを用いた治療介入例とかかりつけ薬局の機能拡大にむけた取り組み」
・H28_第49回日本薬剤師会学術大会「在宅医療推進のための取り組みとその解決策」