[栄養部]美女木店 八鍬千恵子

1.栄養相談によって、患者様とコミュニケーションがとれることです。
栄養相談によりお話しする機会が増え、食事のアドバイスをさせていただいています。
又、お話しをしていく中で、患者様から様々なことも学ぶことが出来ます。
2.すこやか通信の発行(毎月)、薬膳料理試食会(年2回)、症例別レシピ集の発行、カフェの開設など…次々に新しい活動を行っていく栄養部は、私にとって刺激になり、楽しく仕事をさせていただいています。
3.栄養士同士のコミュニケーションの充実化
定期的に行われる栄養士研修会で情報を共有する事ができ、また、知識・ものの見方の向上につながっています。
栄養部の先輩は、とても優しく親身になって教えて下さる方ばかりです。栄養以外の事も教えて下さいます。知識はもちろん、女性としても輝いていて、そんな尊敬できる先輩方に恵まれ仕事を出来る事にとても感謝しています。

患者様に対して食事とお薬の両面から健康のサポートをする事ができるのがアップルケアネットの最大の魅力だと思っています。会社全体で地域医療に貢献しているところが我社の魅力です。


[薬事部]美女木店 高井啓一

地域医療に携わっていると感じることができる仕事です。
私は人とのコミュニケーションを通じて仕事がしたいと思い、この仕事を選びました。
患者さん一人ひとりのニーズが異なっていて、難しいこともありますが、患者さんからお礼を言われるとこの仕事をしていて良かったと感じます。
薬局での仕事は、患者さんに直接薬を渡すので、薬剤師としての仕事の中で一番患者さんを近くに感じることができます。患者さんが正しく薬を飲めているか確認することはもちろんですが、普段の生活の中で健康に関する疑問に答えたり、一緒に考えることも大切です。薬は患者さんの生活に密接に関係してくることなので、責任をもって適切な指導が行えるように今後も頑張っていきたいです。

管理栄養士がいる薬局なので、食生活の改善が求められる患者さんには管理栄養士が食事の指導を行っています。薬でなかなか効果の出ない患者さんも、食生活の改善で目標の数値まで検査値が下がる例は多くあります。
また、社内の雰囲気はアットホームで、社員一人ひとりの意見が反映しやすい会社であると思います。仕事以外にも旅行や互助会の行事を通じて、社員の交流を深めており、社員同士の横のつながりを大切にしている会社です。研修も新人研修だけではなく、2,3年目研修があり、実力をつけることができます。
自己の学習も大切ですが、研修を通じて自分ではわからなかったことや気付かなかったことも学ぶことができるのでとても有意義です。